2018/08/29

シャークスキン(鮫革)の特徴とその魅力について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、「創業1920年時計ベルトと修理の店」石國商店です。

海のギャングと呼ばれるサメ
凶暴で荒々しいイメージがありますが、
海の中を滑るように泳ぐ優雅な姿に魅せられた方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、シャークスキン つまり 鮫革の特徴とその魅力をご紹介します

シャークスキンの特徴

鮫革と聞くと、まずイメージされる特徴は、あのザラザラ感だと思います。
この質感に魅せられる人も多いです。
ザラザラとした革は、ワサビがとってもクリーミーにおろせるので
高級おろし器として使われています。

そんな革を時計ベルトや財布にしたら
触れてしまった時に痛くないの?
と思われたかもしれませんがご安心下さい。

革なめしの段階で、脱鱗処理をしているので
チクチクするような傷みを感じることはありません。
ただ、鮫革特有のザラザラ感は残っていて鮫らしさを
感じることができます。

次に大きな特徴は、耐水性です。
ほとんど革製品って水に濡れると傷んでしまったり、
シミができてしまったりと水に弱いものが多いんです。

でも、鮫はもともと水中の生き物なので筋繊維が密に
なっていて他の革に比べて水に強いです。
また、鮫同士で争ったりしても負けないように強くなっているため
傷にも強い素材です。

シャークスキンは貴重

革で有名なワニ革や牛革はほとんど養殖などで育てられていますが、
鮫はほぼすべて天然物です。なので、そもそも鮫の流通量は多くはありません。
そして、その流通する鮫の中でも鮫同士が争ったり、繁殖の際にはオスがメスに噛み付く習性があるため、傷が少なく実際に革製品にできる水準のものは
5割以下と言われる程です。なので、本当に貴重な革です。

水や傷に強いという素材がゆえに、加工や染色も他の革に比べて
時間も手間もかかる扱いづらい革なんです。

シャークスキンの魅力(お手入れ簡単)

そんな貴重な鮫革の魅力は、ザラザラの質感が
艶のある質感へと変わり、色も深まり味わいの増す
経年変化でしょう。
エイジングを楽しめる革です。

ロレックスなどの有名海外ブランドの時計にも
鮫革のベルトが使われていたりします。

また、他の革に比べて比較的に水や傷に強いのでお手入れが楽というのも
魅力の1つです。日常のお手入れは特にする必要がなく
汚れた時に硬く水を絞った布で軽く拭き取るだけで
日常のお手入れはOKです。

以上が、シャークスキンの特徴とその魅力でした。

石國商店では、そんなシャークスキンの時計ベルトも扱っています。
ネットショップおよび弊社各店舗にて扱いがございます。

こちらからご確認ください

コメントを残す

*

CAPTCHA