2018/05/11

ラバー(シリコンゴム)とウレタンの違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、「創業1920年時計ベルトと修理の店」石國商店です。

スポーツタイプの時計などに人気のラバーベルトとウレタンベルト。

革ベルトに比べて、水や傷に強いためハードな使い方でもあまり気にする必要はありません。
また、伸び縮みもするので高いフィット感も人気の理由でしょう。
最近では、普段使いの時計に付け替える方もいらっしゃいます。

そんな素材なんですが、両方とも同じような感じなので、どう違うのか?と
疑問に思う方もたくさんいらっしゃると思います。
なので、今回はラバー(シリコンゴム)とウレタンの違いについてご紹介します。

ラバーとウレタンの違いとは?

ラバー(シリコンゴム)は、ケイ素を含む化合物で出来ています。ゴム状はもちろん、液状などにもできて、耐水性はもちろん、耐熱性や耐油性も持っています。キッチン用品に使われているものもたくさんありますね。

ウレタンは、ウレタン樹脂で出来ています。こちらも耐水性はもちろん、耐摩耗性や耐油性を持っています。こちらはキッチン用品でいうとスポンジなどにウレタン樹脂が使われていたります。

それで結局どっちが良いの?

ラバーとウレタンの違いはわかったけど、結局どちらが良いのか
悩みますよね。
一長一短あるので、どこを重視するかによります。

ウレタンのメリットは

  • 価格が安い
  • ホコリがつきにくい

ウレタンのデメリットは

  • 冷たくなると硬くなる
  • 劣化が進むと加水分解しベタつきが出て来る

です。
ラバーベルトはこの逆を考えて頂ければと思います。

ラバーベルトもウレタンベルトも耐久性で大きな差はありません。
通年を通して使い心地を求めるならラバーベルト
安い価格と割り切って使い心地が落ちてきたら交換をするならウレタンベルト
と、いった感じでしょうか。

石國商店では、ウレタンベルトの取り扱いもしております。
革ベルトに比べて扱いが楽で価格も抑えられるのが良い点ですね。
デザインも何種類かありますので是非ご確認ください。

ウレタンベルトの案内はこちらから

コメントを残す

*

CAPTCHA