2018/08/31

腕時計の針が外れてしまった時の修理方法と価格目安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、「創業1920年時計ベルトと修理の店」石國商店です。

大切な腕時計をふいに壁にぶつけてしまったり、ベルトを外す際に落としてしまったりすると壊れていない!?っとドキっとしますよね。

祈るような思いで時計を確認すると、秒針が外れてしまった!となってしまったのでは
ないでしょうか。

そんなに簡単に時計の針は外れるものではありませんが、強い衝撃や振動で外れてしまうことはあります。針は接着剤で固定されているわけではなく、上からはめ込んでいるものがほとんどですなので、時間が経つにつれて、やはり劣化もしてしまうので取れやすくもなってきます。

針が外れた時の修理方法

針が外れた時には、ガラス面を外して針をつけ直す、としたいところですが
ほとんどの腕時計はガラス面をいきなり外すことはできません。

裏蓋を開けて、リューズを抜き、ムーブメントを外して
やっとガラスを外すことができます。

そして、秒針などの外れてしまった針を取り付けて再度組み立てるといった作業が必要です。
自身でチャレンジされたい方もいらっしゃると思うので以下に注意点をお伝えします。

針外れの修理時の注意点

修理する際には、注意点がいくつかあります。

・針を支える軸が折れている

ガラスを外して、よし、針を取り付けようとしたら
針を取り付ける軸がない!と、なることも考えられます。
針が外れたのではなくて、軸が折れてしまった場合は、
軸を用意して交換しないといけません。

・ほこりやゴミが入る

実際に時計を分解しての作業になるので
内部にホコリやゴミが入ってしまう可能性があります。
ホコリが入ると歯車のかみ合わせが悪くなってしまい、最悪壊れてしまうかもしれません。

また、よくあるのが文字盤にゴミが入ってしまうことです。
折角、頑張って針を直したのに文字盤のゴミが気になってしまっては、残念な結果となってしまいます。

・防水効果がなくなる

最近の時計には、ある程度の防水機能がついています。
しかし、組み立ての際にしっかりとパッキンを固定しないと
防水効果がなくなってしまう可能性があります。

そうなると、手を洗った際や雨の日などに水分が時計内部に入ってしまい
故障の原因になってしまうかもしれません。

修理費用の目安

もし、時計修理を業者に依頼するなら気になるのはその費用だと思います。
時計の種類や針の軸の交換が必要なのかによって変動はありますが
針の取り付け修理の相場は2000円〜5000円程です。

もし、大切な時計や高価な時計であった場合はお金がかかっても修理に出して頂く方が良いのではないでしょうか。

専門店の選び方

時計の修理は、個人でやられているような町の時計店からホームセンターまで様々です。

今回例に出した注意点は、専門店の技術力が試されます。
技術的に安心なのか、防水検査はしてもらえるのかなどの点に注意して選んで頂ければと思います。

大切な時計をこれからも大事にしてくださいね。

石國商店では、時計修理技能士による針外れの修理も承っております。
詳しくはこちらをご覧ください。

コメントを残す

*

CAPTCHA